αリポ酸とコエンザイムQ10などの抗酸化成分との相乗効果について

皆さんは『αリポ酸』という栄養素をご存知でしょうか。
近年、人々の健康志向の高まりと『アンチエイジング』の流行を背景に、非常に優れた栄養素として脚光を浴びている物質になります。
この栄養素の働きは、体内で『ブドウ糖』をエネルギーに変換をする働きをしています。
人間の体を構成する細胞の中には『ミトコンドリア』という小器官が存在をしています。
この『ミトコンドリア』内には『酵素』という物質が存在をしており、この『酵素』が『ブドウ糖』などの栄養素を人間が生きていくためのエネルギーに変える働きをしています。
『αリポ酸』はこの『酵素』の働きを補助して、より効率的にエネルギーを生産するという重要な役割を担っています。
またこの栄養素には、さらにもう一つ大きな役割があります。
それは強力な『抗酸化作用』です。
細胞が『活性酸素』という物質の影響で酸化をしてしまうと、新陳代謝がスムーズに行われなくなってしまうため、しわやシミなど肌の異常が進行をしてしまいます。
これが老化の原因となるわけですが、『抗酸化作用』とは細胞の酸化を引き起こす『活性酸素』を減少させる働きを指します。
つまりこの栄養素は、健康面・美容面ともに有効な栄養素となるのです。


そして、この栄養素の持つ『抗酸化作用』の働きを更に倍増させる有効な方法があります。
それは、他の栄養素との相乗効果を利用するという方法です。
『αリポ酸』のように抗酸化作用を持っている栄養素は多々存在をしています。
たとえば『コエンザイムQ10』や『ビタミンE』や『ビタミンC』といった栄養素です。
これらの『抗酸化成分』は『活性酸素』を撃退するという同様の効果を持っていますが、『活性酸素』撃退の過程の中で自身も酸化をしてしまうということもありますので、条件によっては更に酸化を加速させてしまうということもあります。
『αリポ酸』は、酸化をしてしまった抗酸化物質を酸化前の状態に再生をすることが出来ますので、より効率的に抗酸化活動をおこなえるようになるのです。
これらの抗酸化成分はもともと体内で合成をされている成分となります。
しかし、これらの抗酸化成分は加齢とともに減少をしていく傾向に有りますので、必要量を充足させるためには体外から摂取をする必要性があります。
通常の食事にもこれらの栄養素は含まれていますが、含有量が少ないため、サプリメントとして摂取をすることが効率的となります。
このように、これらの栄養素はもちろん単体でも優れた効果を持っていますが、他の栄養素と組みあわせることにより、より有効に効果を享受できるということもありますので、一度しっかりと確認をしてみて、有効に利用をするようにした方が良いでしょう。