コエンザイムQ10の原料は日本製

コエンザイムQ10は、心筋梗塞や心不全、糖尿病、高血圧の改善などの効果が期待されています。
まt、大変強力な抗酸化作用があるので、動脈硬化やガン、生活習慣病の予防なども期待されています。
エネルギーの年少が良くなるのでダイエット効果や冷え性、肩こり、そして美肌(効果効能についてもっと詳しく知りたい方必見http://www.koytravel.com/)なども期待される大変頼もしい成分です。
コエンザイムQ10は、学名ユビキノンと呼ばれるビタミン様物質です。
またCoは補う、enzymeが酵素という意味で、日本語で補酵素Qの10番目の物質の意味です。
全ての細胞膜に存在し、特に心臓や肝臓、卵巣や精巣などに多く含まれているものです。
体内のエネルギー生産に関わる補酵素で、細胞内でのエネルギーを生産することに関わっています。
人間が生きていくのに欠かせないものです。
コエンザイムは体内で合成することもできますが、20歳をピークにして加齢によってだんだん減少していきます。
http://gxangalo.com/にも書いてあるように、40歳前後では、コエンザイムは不足状態になってしまいます。
肉や魚などの食品もコエンザイムを含んでいますが、これらの食品だけから摂取するのは難しいことです。
その為、健康補助食品や医薬品、化粧品の原料もしくはその一部として利用されています。


コエンザイムを摂取するにあたり、その原料http://www.gulfstreameagle.com/6.htmlなども気になるところです。
まず、コエンザイムは、1957年にアメリカで発見されました。
しかし、コエンザイムが、初めて大量生産されるようになったのは、発見されたアメリカではなく、1967年に日本でした。
ナス科の植物の葉から抽出・精製しました。
このときにはコエンザイムのQ3をまず抽出しました。
そして側鎖を化学反応させてQ10を作り上げました。
この方法を合成型と呼んでいます。
その後、天然の酵母と細菌から抽出した完全天然由来のQ10が作られるようになり、現在もこの天然由来のQ10の原料が多く利用されています。
医薬品や健康食品に配合されているコエンザイムQ10は、現時点では、サトウキビやテンサイを原料としています。
そして、酵母や微生物による醗酵屋化学合成によって作られています。
また、コエンザイムQ10の研究・開発の実績から、現在もQ10は日本製というのが主流になっています。
もちろん費用の点から最近は中国製のQ10もあるようですが、品質・安全性からやはり日本製をお勧めします。
Q10は、生命の活動にとって、酸素や三大酵素と並ぶ必須物質です。
きちんとした食事からしか正常には合成されないので、食生活の乱れた現代人には大変優れた物質です。

こちらのサイトhttp://genkai.info/11.htmlにもコエンザイムQ1についてより詳しく掲載されています。